グラスウールを使った住宅は注意!経年劣化、考えてますか?

グラスウールを使った住宅には、注意が必要だと言われたことはありますか?

私はありませんが、この断熱材を使った住宅をライバルとしているのが、「吹き付け断熱材メーカー」です。

少しずつ吹き付け断熱材は住宅業界のシェアを伸ばしているようですが、そもそもなぜ、日本の住宅の大半で使われてきたこの断熱材:グラスウールには注意が必要なのでしょうか?

この記事では、そんな注意しなければいけない理由を5っの項目に分けて、お伝えしていきたいと思います!

ラスウールを使う時に注意する5っの項目

まず始めに、住宅で使われる断熱材として、グラスウールとは?についてお伝えします。

グラスウールとは、主原料はガラスから作られており、ほとんどがリサイクル品のガラスから作られている住宅用の断熱材です。

床・壁・天井などに敷き詰めることで住宅内の熱(冷暖房)を逃がさないようにする部材で密度と繊維の太さが断熱性能を左右します。

また、グラスウールは吸音性や不燃性を有しており、そういった面でも住宅はもちろん、住宅以外にも幅広く活用されている材料の1つです。

では、これまでに多くの住宅に使われてきた断熱材:グラスウールをなぜ?注意しなければいけないのか・・・さっそく見ていきましょう!

グラスウールの注意事項①:断性能の違い

ここまでグラスウールのことをいろいろとお伝えしましたが、一番最初に疑問を持って頂きたいのは、その断熱性能です!

住宅において、「断熱」とは住宅の快適性を左右する温熱環境において、重要や分野であり、物に例えると魔法瓶構造のポットと同じです。

魔法瓶は、中に入っているお茶などを長時間、冷めないように保温することに優れておりますが、住宅の場合はあらかじめ暖めた空気が入っている訳ではなく、住宅内を暖めるため、少しでも熱(冷暖房)が外に逃げないようにすることが省エネにつながります。

では、グラスウールの断熱性能とはいったいどのようなものなのでしょうか?

北方型住宅の断熱・気密施行実践マニュアルからの抜粋資料※「北方型住宅の断熱・気密施行マニュアル抜粋:11ページ」

この添付画像は、「北方型住宅の断熱・気密施行マニュアル」から抜粋した画像データです。

インターネット上から誰でも閲覧できますので、気になる方はこちらからダウンロードして下さい ⇒ 「北方型住宅の断熱・気密施行マニュアル ダウンロード

 ※ダウンロード後、PDFに保存して見ることをオススメ致します。

以上、上の画像を見て頂けると分かりますが、グラスウールは施行の方法によって、断熱性能に違いが出るということが実証された試験データです。

単純ですが、正しく施行された(a)と両端を押し込み過ぎた(c)では、2倍以上の性能差が出ております。

こういったことから「施行方法」によって、性能が違ってくるということをまずは知っておき、それに対する対策をとる必要があります。

グラスウールの注意事項②:施工するのは

グラスウールの注意事項①でお伝えしたように、グラスウールは施行の方法によって、断熱性能が違ってきます。

こういった実証データがあるにも関わらず、この断熱材:グラスウールを施工するのは、「現場の大工さん達」だということをご存じでしたか?

しかも、こういった知識もないゴリゴリの職人気質の大工さんが、「こんな綿なんてとりあえず入ってればいいだろ!?」的な感覚で施工されてたら・・・正直、震えるほど恐ろしい話です。

そのため国は、省エネルギー化と密接に関わる「住宅の断熱に関する知識」を身に付けてもらうため、住宅省エネルギー技術講習会を全国で開催して、断熱・気密に関する知識を現場の大工さん方に覚えてもらうとしているのです。

したがって、これからグラスウールを使った住宅を検討中の方は、必ず建築先の大工さん等がこの住宅省エネルギー技術講習会に参加した修了証を持っているかどうか必ず確認しましょう!

でなければ、グラスウールを充填したとしても、ちょっとした隙間から住宅内の熱(冷暖房)はどんどん逃げて、エネルギー(灯油・ガス・電気)はどんどん使い、その熱をどんどん逃がすことになりますよ!これは決して省エネではありませんね!

グラスウールの注意事項③:断熱材との性能比較!

注意事項①と②でグラスウールの断熱性能と施工方法による違いをご理解頂いた後は、その他断熱材との性能比較です。

現在では、多種多様となっている住宅用断熱材ですが、グラスウール以外にもたくさんの種類があるため、一概に無いが良い!と言えないまでになりました。

ではまず、様々ある断熱材を比較してみましょう!

断熱材種類別の性能一覧旭ファイバーグラス様よりお借りしております。

一番、参考にして頂きたのは、「熱伝導率(w/m・k)」の数値です。

この数値が低ければ低い程、熱を通さないことを意味しており、断熱材はこの熱伝導率がとても重要になってきます。

単純に熱伝導率だけで比較してしまうと「厚さ」も重要な要素なので、インターネット上で熱伝導率が低い断熱材を使えば良いか?と言われたら断熱材個々にメリット・デメリットがありますので、この件に関しては次の機会にお伝えするとします。

以上、少し見えずらいですが、「高性能グラスウール40k」の熱伝導率よりも、はるかに熱伝導率の低いフェノールフォームやウレタンフォームなど、たくさんあります。

もちろんこのリストに掲載されていない断熱材もありますが、住宅の省エネルギー性や快適性を左右する上で重要な断熱材が簡単にグラスウール一択で良いはずがありません

私は、グラスウールを使われるくらいならセルロースファイバーや硬質ウレタンフォームなどの現場発泡や外断熱用に使われる断熱材も硬質ウレタンフォームやフェノールフォーム等をオススメ致します。

グラスウールの注意事項④:安さにびつかない!

今更ですが、グラスウールはとても安価なため、その理由もあってか「ローコスト住宅」などでも使われております。

今後は、2020年に改正省エネルギー基準が義務化になり、以前書いた「ローコスト住宅はこれから先、建ててはいけない!建てられない!」でも書きましたが、省エネな住宅しか建てられなくなります。

ちなみに2020年の改正省エネルギー基準はこれから住宅を建てる人にとって、必ず知っておかなければいけない内容です。リンクはこちら「改正省エネ基準義務化!2020年に住宅を建てる基準が変わります!

そんな住宅業界の中でも未だに「断熱材の厚さを売りにしているビルダーや地域工務店」がいるのが、現状であり、とても悲しいことだと私は思います。

グラスウール断熱の厚さが200mmや300mmだろうが、性能を考えて熱伝導率が低く、高価な断熱材を使おうが、断熱の目的は厚さや高性能な断熱材を使うのではなく、「住む人が快適で夏涼しく、冬暖かく過ごせて省エネルギーになるかどうかが目的であり、そのための断熱」でなければいけません!

これから住宅取得を予定している方は、ハウスメーカーやビルダー・地域工務店を選ぶ時の参考にも出来るほど、この「断熱の目的」をしっかり持ったところを選びましょう!

グラスウールの注意事項⑤:経年化・断熱方法

これで最後となりますが、グラスウールはよくリフォーム時などに黒く変色してカビが発生し、湿気などを貯めてしまい壁からずり落ちているのを見かけたりします。

これは日本の気候に問題があり、夏は外が30℃以上・湿度80%近くにまでなるのに対して、室内は?というと冷房するため、外の温湿度よりも環境が良くなります。

そうなると心配なのが、壁体内結露(別名:夏型結露)です!

本来は住宅の内側と断熱材の間に気密層(気密材:ポリフィルム等)で隙間を無くし、湿気が通らないようにしなければなりません。

しかし、気密性能が不十分で断熱材:グラスウールまで湿気が入り込んだ場合は、出来る限り、外側(外壁側の通気層)へ逃がしてあげる必要があります。

万が一、グラスウールなどがある断熱層にて結露が発生した場合は、注意事項⑤の冒頭でお伝えしたように壁の中で結露が発生してグラスウールはビシャビシャになり、カビ発生や木材へ悪影響を及ぼします。

したがって、正しい気密施工と断熱施工が重要となりますが、ただでさえ住宅の内外で温度差がある以上、新築当時から出来る限り、経年劣化しないような断熱材や断熱・気密施工を心掛ける必要があります。

これについては、断熱材に様々な種類がある中で硬質ウレタンフォームの現場発泡などを活用することによって、問題は改善されますが、とても高価な断熱材です。

しかし、一度、建築したら20〜30年以上、暮らすことになる家。

始めは子供が成長して大きくなってきたので、住宅取得を考え始める30歳半ばの夫婦であっても、年を重ねるごとに子供は成長していき、いつか家を出ます。

その頃には当時、若かった夫婦も50歳代〜60歳代となり、冬の寒さや夏の暑さが命に係わるような年代に差し掛かったころに、グラスウールが経年劣化から性能を発揮することなく、夏暑くて・冬寒い。

リビングは快適だが、リビングを一歩出たキッチンやトイレ・お風呂や廊下などには、温度差が生じてしまい、ヒートショックなどの理由から心筋梗塞などもあり得る話です。

また、数十年後にはまた断熱改修のリフォームをしよう!などと思っても断熱材や気密材の改修リフォームはそう簡単には出来ませんし、実際に行う事例もかなり少ないと思います。

それだけ断熱・気密のリフォーム工事は敷居が高く、なかなか手が出ないものです。

グラスウールの注意事項⑥:換気方法の

現在、この国で最も多く活用されているのが、第3種機械換気という換気方法です。

第3種があるということは、第1種と第2種があり、その中でもグラスウールで断熱する際に注意しなければいけないのが、第2種機械換気という換気方法です。

この換気方法では換気機器にて強制的に室外の空気を室内に取り込み、その差圧で室内の空気を室外へ押し出します。

この方法で換気を行うと室内にある湿気を含んだ空気が圧力によって、断熱層内(グラスウール部分の中)に入り込み、断熱材を劣化させやすくする可能性があります。

住宅は単純に間取りやデザインだけではなく、本来、住宅に求めるものを考え直してみて下さい!

間取りやデザインではなく、何よりも優先するべきなのは快適な温湿度環境を長持ち(経年劣化の少ない)させることです!

住宅用断熱:グラスウール まとめ

ここまで6っに分けてグラスウールに関する注意点をまとめてきました!

単純にグラスウールは、ダメな断熱材と言ってしまえばそれまでですが、決して間違った覚え方をしないで頂きたいのが、「グラスウールも断熱性能を有した断熱材」であるということです。

現在でも、お客様に心から快適な住宅に住んで頂きたいという想いを持って、建築しているビルダーや地域工務店(ハウスメーカーは・・・どうだろう!? 🙄 )でもグラスウールは使われております。

住宅を建てる人は様々な事情から建築予算があり、住みたい地域があれば、別に土地代にもお金がかかったりすると、そういった背景からローコストな住宅しか建てられない方もいると思います。

したがって、この記事ではグラスウールに関することを詳細に書いてきましたが、一番重要なのは、「住む人が快適で省エネであること」と「住宅のことを理解して取得する」ことです。

そのために「断熱・気密」性能が重要であり、グラスウールはその中の「断熱」に関係しているだけの1つの部材です。

どこを重要視するかは分かりませんが、個人的な感想としてグラスウールでは、長い年月住まう人の快適さや省エネ性などを担保出来るほどの部材ではないと私は思います。


たくさんの住まい人が笑顔になる応援、お願い致します!
いつも応援、ありがとうございます!皆様の応援が記事更新の励みになります。
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA