高気密・高断熱のデメリットとは?数年後には全てが高気密高断熱!

建築中の住宅の画像

高気密・高断熱住宅のデメリットとは?どんなものがあるでしょう?

そもそも2020年に住宅を建てる基準が変わるのは、ご存じでしょうか?

2020年には、省エネ基準が義務化となり、この省エネ基準を満たした住宅しか建てられなくなります

すでにこの省エネ基準義務化が決まっている現状、ここ数年のうちにローコスト住宅やこの省エネ基準を満たしていない住宅を取得するのは、絶対にダメです! 😯 

ではさっそく「高気密・高断熱住宅のデメリット」について書いて行きます!

高気密・高断熱のデメリットとは?

高気密・高断熱住宅のデメリットはどんなに考えてもなしとしか言いようがありません!

そもそも高気密・高断熱住宅でなければ、2020年に義務化となる省エネ基準を満たすことが出来ないため、全ての住宅が高気密・高断熱住宅となるのです。

ただし、デメリットというよりは、高気密・高断熱住宅を建てるために注意しなければいけないことは多々ありますので、その注意事項について知って欲しいと思います!

高気密・高断熱住宅の注意事項 ①換気の重要性

高気密・高断熱住宅において、「換気」の方法や使う設備はとても重要です!

なぜ換気が重要かと言うと・・・換気は結露や冷暖房に直結するだけでなく、住宅におけるメンテナンスでも重要な位置にあるものです。

例えば換気不足になると住宅内の空気が停滞・汚れ気味になり、人体への影響はもちろん住宅にとっても結露などの問題が発生して良くありません。

時期的に結露しやすい冬期間は、室内側の温湿度と室外側の外気温により結露します。

したがって、この結露しやすい環境を換気することによって、外の空気と適正に入れ替えてあげることで結露しづらい環境を作ります。

また、住宅性能が高気密・高断熱で住宅内の熱(エネルギー)を効率良く使える性能があるにも関わらず、外の冷たくて乾燥した空気をそのままの状態で住宅内に入れるのは好ましくありません。

以上のことから換気は、第1種換気である熱交換式換気扇を利用することが、これからの住宅でもっとも重要なファクターとなり、2020年にはこの熱交換式換気扇が主流になると私は思っております。

第1種換気の熱交換式換気扇で代表的なのは、ダイキン製「ベンティエール」やパナソニック製「IAQ制御搭載熱交換気システム 」などです。

これらの設備は、例えば冬期間に外の冷たい空気をそのまま取り入れるのではなく、室内側の暖かい空気を外へ捨てる際に、その熱を交換・回収して外から取り入れる空気を室温に近づけて取り入れることが出来ます。

それを「熱交換」と言います。

この熱交換にはそれぞれ性能があり、熱交換率:90%(顕熱)の場合、外が0℃で住宅内が20℃の場合、外からの空気が室内に取り込まれた時に18℃になって取り込むことが出来ます。

外の空気を0℃のまま取り込んだ時と18℃まで熱を交換・回収して取り込んだ場合では、18℃にして取り込んだ方が暖房に使われるエネルギー(熱)負荷を考えると効率が良いことが分かります。

0℃で取り込んでしまうとその分、住宅内が冷やされてしまい、暖房機器は冷やされた分、暖めようとエネルギーを使ってしまいます。

この考え方は灯油・ガス・電気のどのエネルギーと使っても同じこととなります。

高気密・高断熱住宅の注意事項 ②冷暖房の方法

①換気の次は、②冷暖房の方法です!

高気密・高断熱住宅は、気密性能と断熱性能に優れていることからどんな冷暖房方法を採用してもある程度、快適な環境(夏涼しく・冬暖かい)になります。

しかし、冷暖房機器にもメリット・デメリットがあり、使うエネルギーにもメリット・デメリットがあります。

まずは採用する冷暖房機器についてですが、冷暖房機器と言って一番最初に思い浮かぶのは「ヒートポンプ方式の壁掛けエアコン」かと思います。

このヒートポンプ方式とは、暖房時や冷房時の季節に合わせて外気の熱を効率良く利用して省エネルギーで稼働させることが出来ます。

もちろん暖房も冷房にも活用できますので、1台2役をこなす高性能な冷暖房機器となっております。

エアコン以外にも、ガスヒーポン(GHP)や灯油と使ったヒートポンプシステム(KHP)などもあります。

様々なエネルギーでヒートポンプ技術を応用した冷暖房機器はありますが、今後のエネルギー事情を考えると私は電気が良いのかなぁと思っております。

残念なことながら、日本のエネルギー自給率はわずか数%ほどしかなく、灯油やガスは諸外国からの輸入に頼っている日本にとって、仕入価格が高くなれば販売価格を高くせざるを得ない事情があります。

その点、電気は2016年4月から始まる「電気の小売り自由化」で携帯電話などのセット販売になる可能性はありますが、どこまで安くなるのか・・・楽しみでもあります。

そういったところから冷暖房機器というよりは、何のエネルギーを使うか?灯油・ガス・電気の中で何を選択するか?をしっかりと考える必要があります。

ちなみに寒冷地で好まれる「床暖房システム」のように住宅の下部(床下や床部分)を暖房したりする仕組みは温熱環境上とても理に適った暖房方法です。

また天井や屋根裏などから冷やす「冷房システム」もとても理に適った冷房方法です。

最近、寒冷地では天井裏や床下に設置された壁掛けエアコンが設置された住宅もあるようですよ!

高気密・高断熱住宅の注意事項 ③湿度管理・調整

高気密・高断熱において湿度はとても重要なファクターであり、湿度調整まで行っている住宅はとても稀です。

私が知っている範囲でも「炭の家」などですが、そもそも炭とはどれほどの調湿高価があるのでしょうか?

多湿状態よりは、乾燥状態の方が住宅にとっては良いですが、住む人側にとっては過乾燥状態は風邪やインフルエンザなどのウイルスが活発化することになります。

また住宅内の湿度が高いと冬期間の結露などを発生させる要因にもなり、高気密・高断熱で換気がしっかりされていないと木材など、住宅とって重要な主要構造材を腐らせる要因になったりもします。

したがって、湿度管理されている住宅がこの世の中にあれば、その住宅はとても高気密・高断熱に合った住宅と考えられます。

また、住宅内の快適湿度は50%前後と言われておりますので、湿度:50%前後を維持できる住宅は貴重な存在となるでしょう!

住まう人にとって、多湿状態はカビや結露、過乾燥状態は風邪やインフルエンザなどのウイルスが活発となりますので、快適な環境を作り上げる上でとても重要です!

高気密・高断熱住宅の注意事項 ④コストアップ?

高気密・高断熱住宅は、ローコスト住宅からするととても割高に感じられるでしょう。

しかし、住宅を建てる時にお金をかけた住宅は、住み始めてからの光熱費を少なくすることが出来ますが、住宅を建てる時にお金をかけない住宅は、住み始めてからの光熱費が高くなることはこれまでの①~③を読んで頂けると分かると思います!

以上のことから住宅を取得した時から払い始める住宅ローンはいつか終わる日が来ますが、光熱費などの費用は払い終える日はありません。

住宅に住まう上で必ず支払い続けなければいけない光熱費も考えて、住宅ローン+光熱費をちゃんと考えたコストアップを意識しましょう!

高気密・高断熱住宅のデメリット まとめ

以上、4っの項目について高気密・高断熱住宅のデメリットを書きましたが、これからも思い当る項目があればどんどん書き足していきたいと思います。

この記事、冒頭でもお知らせしておりますが、2020年に住宅を建てる基準が変わります!

その内容は簡単に言うと省エネルギーな住宅しか建てられなくなるというものです。

国は、空き家や中古住宅などのストック型住宅に対する対応も視野に入れているかと思われますが、エネルギー自給率の低い日本は、住宅におけるエネルギーのうち、冷暖房・給湯・照明のエネルギーを削減した住宅を普及させた理由があります。

以上のことから「高気密・高断熱住宅デメリット」などあり得ないことがご理解頂けるかと思いますし、考えられるデメリットの中で一番注意が必要なのはもしかしたら・・・「高気密・高断熱住宅を建てる知識や経験の少ない建築業者」なのかも知れません!


たくさんの住まい人が笑顔になる応援、お願い致します!
いつも応援、ありがとうございます!皆様の応援が記事更新の励みになります。
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA