狭い家での収納を考える!収納が多ければ多い程、お金がかかる?

クローゼットがある部屋

狭い家での収納を考えると、収納はたくさん欲しいけど、場所を設けることが出来ないこともたくさんあるでしょう。

女性にとって、「収納」は重要視されることが多く、たくさんあればあっただけ良いという考える方も多いでしょう!

最近では、寝室にウォークインクローゼットを設ける家庭は少なくないでしょう。

そのためこれから住宅を考えている方と一緒に「収納」について考えて行きたいと思います!

この記事では、私の考えを書いて行きますので、何か良い方法や考えがありましたら、コメントやお問い合わせフォームよりご連絡頂けると幸いです。

それではまず始めに「収納場所には、お金がかかる」からです!

収納スペース=費用?いくら?

ハウスメーカーや地域工務店などでは、工事内容やその範囲は異なることが多いですが、基本的な「坪単価」を設置しているところが多いです。

例えば、坪単価:55万円の住宅を建築して、収納を1坪=3.3㎡(平方メートル)設けた場合、収納だけで55万円のお金を使っているということになります。

ちなみに畳の大きさにすると、1坪で約2畳ほどの広さがあることから、たった2畳の収納スペースを設けるために55万円、2坪=4畳にした場合だと110万円の費用がかかる計算です。

これは単純なお金の話でしかありませんが、収納スペースを広く設ける=坪単価や延べ床面積で換算すると100万円以上のお金を使っていることが分かりますし、住宅の約10%の面積が収納として設けられているデータもあるようです。

それだけのお金を使って、設けた収納スペースにいったいどんな物を収納するのでしょうか?

服や季節的な物から掃除機など、普段隠しておきたいものなどは収納するに越したことはありませんが、最低限の収納で私は良いのではないか?とも思います。

こういったことからオープンハウス時に収納部分ばかりに、目が行きがちになっている人は、注意が必要です!

それはハウスメーカーなどの営業マンが、「弊社では大容量の収納スペースが標準でついてますからご安心下さい!」などと言われた瞬間、女性であれば好印象を受けてしまうでしょうが、収納ありきで住宅を購入できる程、安い買い物ではありません。

以上のことからここで私がお伝えしたいのは、一言に「収納スペース」と言っても、その場所を設けるには、お金がかかっていることをご理解頂き、出来る限り収納スペースを階段下などで有効活用するなどして、人が生活する空間にもう少し目を向けるべきだと思います!

ちなみに、収納に関する情報を掲載しているブログなども多数ございますので、参考にして頂ければと思います。

私は収納スペースを有効に活用する知識は、持っておりませんので、そういった情報はこちらから検索して見て下さい!

☆収納に関するブログがたくさん掲載されている場所 ⇒ 収納ブログ ランキング


たくさんの住まい人が笑顔になる応援、お願い致します!
いつも応援、ありがとうございます!皆様の応援が記事更新の励みになります。
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA